愛媛の隠れたソウルフード「アサヒ」の鍋焼きうどん

愛媛の隠れたソウルフード「アサヒ」の鍋焼きうどん
愛媛はみかんだけではありません。隠れたソウルフード「アサヒ」の鍋焼きうどんのご紹介です。
愛媛のイメージといえばみかん、道後温泉、坊ちゃん団子など。どれも観光としては良いのですが、愛媛の人だからこそ知っている隠れたソウルフードがあります。それが「アサヒ」というお店の鍋焼きうどんです。

銀天街を進む

場所は松山市駅。愛媛最大の商店街「銀天街」を進みます。商店街の衰退化が進む現代ですが、銀天街はちょうど良い賑わいを保っています。この銀天街をしばらく進み、ちょっと小道に入ったところに「アサヒ」はあります。

昭和22年から続く甘口鍋焼きうどん

お店の外観や店内は昔懐かしい雰囲気があり、メニューは鍋焼きうどん(+たまご入りがおすすめ!)と、おいなりさんのみ。このアサヒの鍋焼きうどんは甘口なのが特徴で、小さめなアルミの器に意外と盛りだくさんな具、やわらかめな麺がたまらなく美味しいんです。平日の開店時間頃に行ってもお客さんは多く、適度な量がちょうど良いのかご高齢の方も多数おり、人気店であることがわかります。

愛媛に行けば松山市駅は必ず通るかと思いますので、是非アサヒに立ち寄って鍋焼きうどんを食べてみることをおすすめします。愛媛の隠れたソウルフード「アサヒ」の鍋焼きうどんでした。

ライター:いのっち

記事日時:2017年6月8日

記事場所:日本愛媛県松山市

この記事の関連写真

銀天街入口
銀天街入口
銀天街の通り
銀天街の通り
アサヒ店舗外観
アサヒ店舗外観
店内の張り紙
店内の張り紙
松山空港にあったみかんタワー
松山空港にあったみかんタワー

最後までお読みいただきありがとうございます。

よろしければ各SNSにてシェアをお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加