快眠がコンセプト「レム秋葉原」に泊まってみた

快眠がコンセプト「レム秋葉原」に泊まってみた
オリジナルベッドやレインシャワーなど、快眠のための設備が整ったホテル「レム秋葉原」に宿泊してみました。

まずは近くの「十勝石狩函館」へ

PCやアイドルグループではなく、快眠を求めて来た秋葉原。普段から睡魔に襲われ続けている自分にとって体験してみたかった「快眠」を楽しみにしているところなのですが、まずは近くの居酒屋「十勝石狩函館」へ。北海道の食材を中心としたメニューでラーメンサラダやお刺身などを贅沢に頂きました。

十勝石狩函館 秋葉原駅前店
十勝石狩函館 秋葉原駅前店

快眠のための設備

お腹もお酒もほどよく満たされたところで、落ち着いた照明のフロントを過ぎ、ホテルへ。快眠のための設備は天井から降り注ぐ「レインシャワー」、ゆったりくつろげる「マッサージチェア」、一番重要なオリジナルベッド「シルキーレム」など。

シャワーって最初はどうしても冷たく、少し間をおいてお湯になるのがほとんどですが、レインシャワーは最初、どうすれば良いのでしょう。。。という気はしつつ。案の定、最初の少し冷たいは避けようがなかったですが、安定してからは普段のシャワーとは違う感じで良い感じでした。

マッサージチェアは客室の広さに対して結構なスペースを占めている印象でしたが、座ってみるととても楽。サイドテーブルにお酒やおつまみを置いてテレビをみながらくつろぐのに丁度良く、しっかりリラックスできます。

ベッドは「快眠」をコンセプトとしているだけあって最高に気持ち良く、遮光や遮音もしっかりしている事もあってまさに「快眠」を得ることが出来ました。

朝食はブッフェスタイル

快眠でスッキリ、秋葉原の電気街の眺めで目覚めたあとは朝食へ。2階にある「ポータルカフェ」ではブッフェスタイルの朝食があるのですが、1ランク上のホテルの朝食のような充実ぶり。広いわけではないですが、種類が豊富でフルーツやデザートもしっかり。9マスにわかれたた食器をなんとなく全部埋めたくなります。

旅行や出張で秋葉原に宿泊する予定がある時に「快眠」を体験するなら、是非おすすめです。
快眠がコンセプトのホテル「レム秋葉原」でした。
レム秋葉原
〒101-0025
東京都千代田区神田佐久間町1-6-5TX秋葉原阪急ビル
TEL 03-3254-0606

ライター:いのっち

記事日時:2015年11月2日

記事場所:日本東京都秋葉原

この記事の関連写真

十勝石狩函館 秋葉原駅前店
十勝石狩函館 秋葉原駅前店
客室内
客室内
レインシャワー
レインシャワー
マッサージチェア
マッサージチェア
電気街
電気街
朝食
朝食

最後までお読みいただきありがとうございます。

よろしければ各SNSにてシェアをお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加